更新日を読んで作成日へ入れる

Facebook へアップロードされた写真を オプション > ダウンドードでファイル化すると、当然だけどダウンロードした時刻が作成日へ入ります。これを OS X の写真アプリへ取り込むと、作成日もそのまま取り込まれるので、日付で並べ替えたとき変な順序になってしまいます。

そこで調べてみたところ、Facebook へアップロードされた時刻がファイルの更新日に入っていました。だったら更新日を読んで作成日へ入れてから写真アプリへ取り込めばいいよね。そういうわけで OS X の awk と sh を使ってこんな風に解決できました。

awk:

{
    mm = $6
    dd = $7
    tt = $8
    ff = $9
    newdate = sprintf( "\"%02d/%02d/2016 %s\"", mm, dd, tt )
    print "SetFile -d", newdate, ff
}

sh で実行:

ls -l 写真ファイル | awk -f awkのスクリプト | sh

参考 man ページ: SetFile(1) awk(1)

ブルーな Bluetooth マウス

新しい MacBook Pro が来て二週間たちました。さくさく動くし、軽いし、YouTube をフルスクリーンで観ると当社比ぜんぜん綺麗!さすが Retina さん。

最初は画面が狭いなぁ〜って思ったけど、ディスプレイの解像度を変えて(「デフォルト」と「スペースを拡大」の間)以前の1440×900と同じ感じで使えるようになりました。(1680×1050は細かすぎて見えません…)

それから右クリックが怪しくなったマウスは、Amazon のタイムセールで安かった Microsoft の Bluetooth® Mobile Mouse 3600 にお乗り換え。両ボタンがちゃんと効くし、電池が m555b の2本から1本になって軽くなったのも良かった。涼しげな青いボディを眺めつつ、快適に日々を過ごしております(笑)

macOS Sierra 準備完了

2009年末は iMac G4 で歳を越したんですが、明けてすぐ MacBook Pro 15インチ Mid-2009 の再整備製品に良い出物があったので乗り換えて丸6年。メモリを増設し、Leopard (Mac OS X 10.5) は El Capitan (OS X 10.11) まで新しくなり、壊れた SuperDrive を交換し、SATA1 止まりだった HDD を SATA2 で繋がる SSD に換えて速くして、と愛用してきました。よく頑張ってくれたわ〜。

でも先日の macOS Sierra 発表で、サポートされるハードウェアから落ちてしまいました。そこで少し考えた末、mid-2009 は旧機種コレクターな方に生かして頂く😉ことにして、新マシンを導入!

MacBook Pro 13-inch Early-2015

US キーボードの MacBook Pro 13インチ Early-2015 の良い出物を中古で入手し、Vintage Computer さんで 512GB SSD を調達して換装。欲しかった構成を新品よりお安く組めました😄 これで AirPay が使えるようになったし、HandOff も試してみられます。4年半使ったマウス (logicool m555b) の右ボタンが返事しなくなりつつあるので、省電力な Bluetooth 4.0 が活かせるマウスも使いたいな。

新8先生

最後に会ったのは大崎で Nature Video の上映会 (Banff Mountain Film Festival in Japan 2007) だったかな?

そこまで古くはないはずだけど最近ご無沙汰していたH嬢が、いつの間にか南の島(じゃないね)へお引越し(転勤?)していて、とってもびっくり。長いこと都会にいてたまに自然の中で自分を取り戻すかのような、そんな生活から思い切って一歩踏み出したみたい。自分にはできないことなので心の中で応援したいと思います。遊びに行く機会があるといいなぁ(いちばんの課題は交通手段)。