清流めぐり

帰省の折に、持って帰り〜と貰った俵屋吉富の和菓子。「京逍遥 清流めぐり」って言うそうです。こんな口上書き。

逍遥とはそぞろ歩きのこと。
四季折々の花を愛で、名所旧蹟をめぐり、時にはただ心のままに散策をして…
美しい季節のうつろいを慈しむ想いをそぞろ歩きにたとえ創作いたしました。燃えるような今日の夏、
涼を求めて深山に入れば秘められたように
ひっそりとした渓流の幽玄さに心をうたれるようです。
冷たく澄んだ清流を美しい錦玉羹に、飛沫のきらめきを
道明寺羹に託して一本一本斜めに重ね合わせました。
京の川、京の水をめぐる夏の風情を
どうぞお召し上がりくださいませ。
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.