秋の酔竹

晩御飯をどうしようかと伊勢丹の地下を見にいったけど食指をひかれるものが無かったので、久しぶりに酔竹へ。メインの「甘鯛のわかさ(若狭)焼き」が特に美味しかった。撮る暇なく食べてしまったので他の写真を少々…。

最初のお酒は、高知の南酒造場。ちょっと甘めのスタートアップ。

白子は焼きでとろーり。牛肉にはブロッコリーと山葵を合わせたソース。

日本料理の職人さんだった人が転職して作っている豆腐(!)があるよというので、湯豆腐で頂きました。これも味が濃くて、日本酒にぴったり〜。竹さん、ありがとうございました。

元和夢幻の酒

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestShare on TumblrEmail this to someonePrint this page

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.